ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は飲む発毛剤として知られています。様々なサイトやブログで効果があったという記事が載っていますよね。

 

しかし、ミノタブの副作用については、あまり知られていません。
実は、ミノタブを飲むのは大きなリスクがあるのを知っていますか?このサイトではミノタブの副作用や入手先(通販サイト)についての正しい知識をお伝えします。

ミノタブを注文した後に……妻からのダメ出しが!

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)の副作用について知るきっかけとなったのは妻でした。

ミノタブは使わないで!

と言われたのは、ミノタブを注文してから数日後でした。

 

数年来の薄毛に悩まされてきた私は、あるサイト(ブログ)を読んで、ミノタブがインターネット通販で購入できることを知りました。
早速、紹介されていた通販サイトでミノタブを注文しました。

 

「これで俺の薄毛も治る!」と喜んで、妻にもミノタブを注文したことを話しました。

ミノタブを注文して数日後に妻から

ミノタブは海外からの取り寄せになるらしく、注文してから数日がかかるようでした。
その間、私はミノタブが届くのが待ちきれない気持ちでいっぱいでした。

 

しかし、注文してから数日後、妻から思いもよらない言葉がありました。
それが冒頭の「ミノタブは使っちゃだめ!」という言葉でした。

 

妻にダメ出しされたからと言って、「はいそうですか」と引き下がれるわけはありません。

 

なぜ、ミノタブを使ってはいけないのかと聞いたところ、妻はどこかのホームページをプリントアウトしたものと書籍の一部をコピーしたものを出してきました。
妻は私がミノタブを注文して浮かれていた数日間で、ミノタブについての情報を集めていたのです!

 

そして、ミノタブの服用には大きく分けて次の3つのリスクがあるということを調べ上げていました。

(1) ミノタブは育毛剤ではない
(2) 副作用が出やすい(厳密な飲み方がある)
(3) 通販サイトは危険

 

妻がミノタブのリスクについて説明してくれました。
最初は、ミノタブを使いたいがために「そんなの大丈夫だよ〜」と軽く流していたのですが、途中からはそんな軽口をたたく余裕はなくなっていました。

 

妻の話を聞き終えるころには、「ミノタブを使うのはやめよう…」と決心していました。

 

このページでは妻から説明を受けたミノタブのリスクについて、シェアします。
私のように軽い気持ちでミノタブを使おうと思った人が、ミノタブのリスクを正しく理解できるように……。

 

ちなみに、ミノタブの副作用を避けるのであればAGAクリニックが一番いいです。
AGA治療薬のプロだから、当然、副作用のリスクを考えたうえで、なおかつ一番効果がでるように処方をしてくれます。

 

妻が一番おすすめのAGAクリニックは「AGAスキンクリニック」です。治療を受けた人の発毛実感率が99.4%と非常に高いです。
治療前後の写真を見てみる

 

 

また、無料カウンセリングを行っているので、治療に関する疑問などをタダでじっくりと聞くことができます。
実際に治療をするかどうかは別としても、一度無料カウンセリングを受けてみてはどうでしょうか?

 

沖縄から北海道まで全国46クリニックあるので、通いやすいのも特徴です。
AGAスキンクリニックの詳細と全国のクリニック一覧を確認する>>

(1) ミノキシジルタブレットは育毛剤ではない

ミノタブは育毛剤ではない

妻が最初に説明したことに、私は腰を抜かしました。
なぜなら、「ミノタブは育毛剤(AGA治療薬)ではない」と言うのです。

 

私がミノタブを注文したサイトでは、確かにミノタブを育毛剤として販売していました。
しかし、実は、国内はおろか薄毛治療先進国のアメリカでさえ、ミノタブは育毛剤として認可されていないというのです。

 

妻の説明はこうです。

 

もともとミノキシジルはアメリカの製薬会社であるアップ・アンド・ジョンで悪性高血圧症の内服薬として開発されました。
ミノキシジルの開発研究社の腕の毛が濃くなったことから、AGA治療薬としての開発が行われることになったという経緯があります。
しかし、アップ・アンド・ジョンは最終的にはAGA治療の内服薬としてミノキシジルを開発するのを断念しました。
開発中の実験でイヌに3mg/Kgのミノキシジルを内服させたところ、心臓破裂を起こして死亡したのです。
薬品メーカーとして安全性を最優先に考えた結果、育毛目的の内服薬としての開発は中止になった、というわけです。

 

育毛剤は開発中止

 

ミノキシジルには、さまざまな作用※がありますが、その中のひとつである心筋細胞のアポトーシス(細胞の自己死)の抑制作用がイヌの心臓破裂を引き起こしたのだろうと考えられています。
※表皮化細胞増殖作用、線維化細胞増殖抑制作用、血管拡張作用(血圧降下作用)など

 

このように、ミノキシジルタブレットは育毛剤としての安全性は確認されていないのが現状なのです。
日本でも一部のAGAクリニックでミノキシジルタブレットを処方するところが存在するようですが、安全性を確認できていない薬を処方しているのは非常に危険です。


(2) 副作用が出やすい(厳密な飲み方がある)

ミノキシジルタブレットは元々、高血圧症治療薬です。
そのため、本来なら医師の指示のもとで服用する必要があります。

 

ミノタブは医薬品のため、正しく服用しても副作用がでる可能性はあります。
しかし、間違った飲み方でミノタブを服用してしまうと、副作用がでる可能性はぐっと高くなってしまいます。

 

ミノタブの服用方法

 

ミノタブの服用に当たっては、次のような注意点があります。

ミノタブと併用すべき薬がある

ミノキシジルタブレットは本来は同時に服用が必要な薬があります。
高血圧の治療薬としてミノキシジルタブレットを使用している場合は、医師から適切な指導があります。

 

しかし、通販サイトにはそんなことは一言も書いていませんでした。

 

本来併用すべき薬を服用しないまま、ミノタブを長期間、服用し続けると、副作用が出やすくなるのはもちろんのこと、もっと重大な健康被害がでる可能性もあります。

 

ミノタブとイブプロフェンは併用できない

ミノキシジルタブレットと同時には服用できない薬があります。

 

それは「イブプロフェン」です。
イブプロフェンは市販の風邪薬に多く含まれている成分(痛みを抑える成分)で、おそらく誰でも服用したことがあると思います。
市販の風邪薬をお持ちなら、その成分を確かめてみてください。

 

風邪薬

 

また、イブプロフェンは風邪薬以外にも小規模から中規模な手術後や、外傷、生理痛、歯痛、腰痛、筋肉痛、神経痛などの鎮痛目的でも使用されています。
そのため、病院で医師の診断を受ける際には、かならずミノタブを服用していることを告げなければなりません。

 

ミノタブとイブプロフェンを併用してしまうと、副作用が出やすくなるばかりか、重篤な問題を引き起こす場合があるので、絶対に避けなければなりません。

 

ミノタブの副作用

ミノタブの副作用

ミノキシジルタブレットの副作用は代表的なものだけでも以下のようなものがあります。

  • 体重増加
  • 全身の多毛症
  • 肝機能障害
  • 性機能障害(ED)
  • 手、足、顔のしびれ、痛み、むくみ
  • ニキビ
  • 心臓への負担(動機、息切れ)
  • 高カリウム血症
  • 多臓器不全
  • 意識障害
  • 頭痛

副作用の種類に驚かれたかもしれませんが、ミノキシジルタブレットが本来、悪性の高血圧症の治療薬であることを考えると、上記のような副作用は当然だと言えます。
単なる風邪薬や栄養剤とは全くことなるものなのです。

(3) 通販サイトは危険

妻の説明で、私が一番驚いたのは、「通販サイトは危険」ということでした。
私がミノタブを注文したサイトは、正確には「通販サイト」ではなく、「個人輸入代行サイト」です。
ミノタブは国内未承認薬なので、国内の通販サイトでは取り扱っていません。
インターネットでミノタブが手に入るサイトは、すべて「個人輸入代行サイト」になります。

 

そのサイトはすべて日本語で書かれていて、普通の通販サイトと何ら違いはありませんでした。
注文カートもあるし、クレジットカード払いもできます。
一見すると、普通の通販サイトにしか見えません。

 

そのため、いつもの通販サイトを使っているのと同じ感覚で、個人輸入代行サイトで注文をしていました。

 

しかし、個人輸入代行サイトを使うのには、大きなリスクがあったのです。

 

個人輸入代行は怖い

個人輸入した薬の副作用は自己責任

厚生労働省のサイトに「医薬品等を海外から購入しようとされる方へ」というページがあります。
http://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0401-1.html

 

大切な点を引用します。

日本国内で医薬品医療機器等法を遵守して販売等されている医薬品については、それを適正に使用したにもかかわらず重大な健康被害が生じた場合に、その救済を図る公的制度(医薬品副作用被害救済制度)があります。
しかし、個人輸入された医薬品による健康被害については救済対象となりません。

 

そうなのです、ミノタブを飲んで、副作用が出ても完全に自己責任となるのです。
怖すぎます……

 

偽物のミノタブが届くかもしれない

さらに怖いのが、偽物のミノキシジルタブレットが届くかもしれないということです。

 

近年、購入した薬が偽物であったり、健康食品として販売されている商品に医薬品が含まれていたりと、個人輸入代行サイトが問題になっています。
厚生労働省のサイトに「偽造医薬品問題の現状と対策について」という資料(PDF)があります。
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002w4wd-att/2r9852000002w570_1.pdf

 

この資料によると

無承認無許可医薬品は、日本の薬事法に基づく品質、有効性及び安全性の確認がされていない医薬品であり、一般に以下の事例が多く見られる。

 

1) 含有されている医薬品の成分量は必ずしも均一ではなく、健康被害を生じるおそれのある量が含まれている。
2) 不衛生な場所や方法で製造されたものであるおそれがあり、有害な不純物等が含まれている可能性が否定できない。そうした不純物等が健康被害を引き起こす可能性がある。
3) 正規品と偽って販売している。

ということなのです。

 

この資料の中に、ED治療薬のバイアグラ、シアリス、レビトラを扱う日本語の輸入代行サイトから購入し調査したところ、6割が偽物だったという報告もあります。

 

半分以上が偽物って……個人輸入代行サイト、怖すぎます。

個人輸入代行サイトの罠

ちなみに、個人輸入代行サイトで「成分鑑定書」を提示しているサイトがありますが、これは罠です。
成分鑑定のときだけ本物を用意すれば成分鑑定書を手に入れることができます。

 

成分鑑定をしたミノタブは本物だとしても、実際に発送している商品がすべて本物である証拠にはなりません。
結局は、その個人輸入代行サイトを信頼できるかどうかにかかっています。

 

妻が調べたところ、その個人輸入代行サイトは何度もサイトを移転していました。
妻も私も個人輸入代行サイトは信頼できない、という結論に至りました。

ミノタブを使うのは諦めました。このままハゲると思いきや…大逆転!

妻からミノタブのリスクについて説明を受けた私は、ミノタブを使うことをあきらめました。
当然の選択ですよね。
髪よりも命が大切です。

 

ミノタブを使わずにこのままハゲてしまうのか…と思っていたところ、妻の提案で、AGAクリニックに通うことになりました。
(半ば妻に無理やり行かされたのですが……)

 

コレが大正解。
結果として、ミノタブを使わなくても薄毛が解消してきています(現在進行形です)

 

ミノタブなしで改善

 

最初は乗り気でなかったAGAクリニックでの治療

AGAクリニックは、薄毛の治療専門のクリニックです。
正直に言うと、私はAGAクリニックに行くのは、あまり乗り気ではありませんでした。

 

なぜなら、

・通院するのが面倒
・治療費が高い(気がする)
・何よりも、クリニックで治療するほどハゲてない!

と思っていたからです。

 

しかし、それを妻に言うと、「そんなことない」、という反論がありました。

AGAクリニックに行きなさい

通院するのが面倒

 

1ヶ月に1回通うだけでいいんだよ〜
(趣味のフットサルは毎週行ってるよね!)

 

1年間で12回通うだけで薄毛が直るんだったら十分じゃない?


治療費が高い(気がする)

 

調べてみたんだけど、クリニックによってかなりの差があるよ。

 

良心的な価格のAGAクリニックもあるし。
海外からの個人輸入代行サイトからミノタブ買うよりもいいよ。


何よりも、病院で治療するほどハゲてない!

 

早めに治療を始めたほうが、治る確率は高いよ。

 

今は大丈夫と思っていても、気付いたら手遅れになってた、ということが多いみたい。
ミノタブみたいな危険な薬を使うよりも、一度ちゃんとした医療機関で見てもらおうよ。


 

ここまで説得されたら、従うしかありません。
しかも、お奨めのAGAクリニックを調査済みというのだから、断るわけにはいきませんでした。
AGAクリニックを選ぶポイント

AGAクリニックを選ぶポイント


妻がAGAクリニックを探す上で重視したのは、

・無料カウンセリングがあること
・費用をホームページで明らかにしていること

の2点でした。

 

無料カウンセリングがあること

治療を受けるかどうかを決める前に無料でカウンセリングを行っているAGAクリニックがあります。
無料カウンセリングを受けたうえで、治療を始めるかどうかを決めることができます。
もちろん無料カウンセリングだけ受けて、治療を断ることもできます。

 

無料カウンセリングを受けることで、クリニックの考え方や治療方針、自分に合う・合わないを判断できるから、必ず無料カウンセリングのあるところにしたほうがいい、というのが妻の持論でした。

 

費用をホームページで明らかにしていること

妻がいろいろなAGAクリニックのホームページを見たところ、治療にどのくらい費用が掛かるのかを書いていないクリニックが多くあったそうです。
治療に自信があるのであれば、いくら高額であったとしても、費用をホームページで明らかにできるはずです。

 

受診する人にとって、どのくらいお金がかかるかは最も気になる点のひとつです。
本当に患者のことを考えているのであれば、ホームページに費用が書いてあるのが普通ではないでしょうか。
ホームページに費用が書いていないAGAクリニックは、患者に対する姿勢がそのまま表れていると思います。

妻のおすすめのAGAクリニック

妻が調べてきたAGAクリニックは次の3つです。
妻のお勧め順に掲載しています。
どのクリニックも上記2点を満たしています。

おすすめのAGAクリニック

AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック ■AGAスキンクリニックの特徴
  • 治療を受けた人の発毛実感率が99.4%と非常に高い
  • 薄毛に悩んでいた医師が自ら治療を体験し、効果を出しているオリジナル治療薬
  • AGAクリニック最大規模。北海道から沖縄まで全国にクリニックがある。急な引っ越しでも心配なし。

 

■AGAスキンクリニックの治療費

  • カウンセリング:無料
  • 初診料:5,000円期間限定2017/3/31まで無料
  • 血液検査:20,000円期間限定2017/3/31まで無料
  • プロペシア(初回):4,200円(初回)
  • プロペシア(2回目以降):7,000円
  • フィナステリド「ファイザー」※(初回):4,200円
  • フィナステリド「ファイザー」※(2回目以降):6,000円
  • ザガーロ(初回):4,800円
  • ザガーロ(2回目以降):8,200円

※「ファイザー」は、プロペシアのジェネリック医薬品です。

AGAスキンクリニックの公式サイトはこちら

 

期間限定2017/3/31まで初診料+血液検査25,000円が無料になるキャンペーンを実施中だよ。


ヘアメディカル

ヘアメディカル ■ヘアメディカルの特徴
  • 1999年に日本で初めて開院した頭髪治療専門クリニック。16年間で135万人の治療実績あり。
  • 一人ひとりに合わせた600パターン以上のオリジナル処方を実現。
  • 薬剤(内服薬・外用薬)による治療だけでなく、メンタルケア、食事・生活習慣の改善指導といった総合的な治療を行っている。

 

■ヘアメディカルの治療費

  • カウンセリング:無料
  • 初診料:5,000円
  • 血液検査(ホルモン検査含む):5,000円
  • プロペシア:6,500円
  • フィナステリド「ファイザー」※1:6,000円
  • ザガーロ:9,500円
  • AGAリスク遺伝子検査(希望者のみ)※2:19,000円

※1:「ファイザー」は、プロペシアのジェネリック医薬品です。
※2:AGA関連遺伝子発現量の測定を行い、プロペシアとザガーロのどちらの治療薬が適しているかを調べる検査。

ヘアメディカルの公式サイトはこちら

 

薬を出すだけじゃなくって、食事や生活習慣のアドバイスもしてくれるのがいいよね。薬も一人ひとりに合わせた600パターン以上のオリジナル処方だって。


ヘアジニアス・プログラム

ヘアジニアス・プログラム ■ヘアジニアスの特徴
  • プロペシアを徹底的に研究したうえで、プロペシア単体では効果が出にくい人のために考案した独自プログラム。
  • 改善率が高い。2か月の治療で78%、4か月以降の治療で98%の人に改善がみられる。
  • 一人ひとりの脱毛の原因・頭皮・健康状態に合わせて、ミノキシジル・アミノ酸・ビタミン・ミネラル・各種成長因子などを最適なバランスでオーダーメイド処方する
  •  

    ■ヘアジニアスの治療費

    • カウンセリング:無料
    • 初診料:3,000円
    • 血液検査:10,000円
    • プロペシア:3,980円(業界最安)
    • オーダーメイド処方:25,000円

ヘアジニアスの公式サイトはこちら

 

調べたAGAクリニックのなかで、プロペシアが一番安かったよ。毎月払うものだから安いのは嬉しいよね。


どのAGAクリニックにしようか迷ったら

実は、私は3つのクリニックとも無料カウンセリングを受けました。
最初は一番お勧めのAGAスキンクリニックだけを受診するつもりでしたが、妻が「長い付き合いになるのだから、ちゃんと自分で比較したうえで、決めてね」というので、3件とも無料カウンセリングを受けたのでした。
正直、無料カウンセリングを3件も受けるのは面倒でした。
でも、3件の無料カウンセリングを受けた上で、自分で納得してクリニックを決めたことで、後から「あのクリニックのほうがよかったかも?」と思うことなく、治療を継続して受けられているので、結果としてはよかったです。

 

どのクリニックも、無料カウンセリングの後に、強引に契約を迫られることはありませんでした。
正直に、他のクリニックも検討していることを言うと、きちんとこちらの意思を尊重してくれました。

 

また、無料カウンセリングを受けるだけでも、薄毛に対する知識が一気に増えました。
例えば、「薄毛の原因に多いのは…」や「こんな生活はよくない」など。

 

なので、あなたも頭髪のことで悩んでいるのであれば、あまり身構えずに、一度無料カウンセリングを受けてみてはどうでしょうか?
余談ですが、AGAクリニックに行って、妻との関係も良くなりました(笑)